目頭切開おすすめクリニック2019〜口コミ・効果・種類〜

目は顔の印象に大きな影響を与えますし、目が離れすぎている場合や二重まぶたにしたい人などが度々利用しているのが目頭切開です。

目頭切開は近年では多くの人が利用している美容整形術であり、手術ができるクリニックも多い上に安全性も高くなっています。

目頭切開の手術をうけるのにおすすめのクリニックや手術の流れ・注意点などを解説していきます。

目頭切開のおすすめクリニック

ガーデンクリニック

ガーデンクリニックは目頭切開に最も定評のあるクリニックの一つで、公式サイトでは実際に目頭切開を受けた人の術前と術後の写真を掲載しているので、手術を受ける前に手術の概要や術後の自分の姿をイメージしやすくなっています。

またガーデンクリニック目頭切開の手術でかかる費用が具体的に明記されていますし、手術前には無料のカウンセリングも実施されるので、無料カウンセリングを活用することで疑問や不安を解消して手術に望むことが可能です。

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニックは患者さん一人ひとりに合わせたオーダーメイド型の治療を行っており、より自然な目を手に入れやすい点に大きな特徴があります。

蒙古ヒダの形状には個人差があるのですが、無料カウンセリングの際に個人に合わせた最適なデザインを提案するので患者さんの満足度は非常に高くなっています。

また目頭切開の手術にかかる時間もおよそ30分程度なので、負担が少ない上に忙しい人でも利用しやすいメリットがあります。

もとび美容外科クリニック

ひとえに目頭切開の手術と言ってもその手法は様々であり、当然一人ひとり適した手術方法は異なります。

多くのクリニックでは一種類もしくはを二種類程度の方法でしか目頭切開の手術をうけることができませんが、もとび美容外科クリニックでは単純切開・平賀法・リドレープ法・Z形成と4種類もの方法で目頭切開ができるため、自分に最適な方法での目頭切開がしやすくなっています。

また目頭切開修正の手術も可能なので他の院で失敗してしまった場合にも大きな助けとなります。

湘南美容クリニック

湘南美容外科クリニックは業界最大規模のクリニックということもあり、手術の料金が安い上に手術の実績件数も多く、また保証制度も整っているので、絶対的な安心感があります。

目頭切開に定評のあるクリニックの多くは東京などの都心でしか店舗がないため、地方に住んでいる人は非常に施術が受けにくいデメリットがあります。

その点湘南美容外科クリニックは全国の都市に店舗を展開しているので、地方在住者でも利用しやすいメリットがあります。

東京形成美容外科

東京形成美容外科は手術の際の痛みに徹底的に配慮をしているので、痛みが心配という人でも安心して利用できる点に大きな特徴があります。

目頭切開は蒙古ヒダと呼ばれる目のヒダを切るため、手術の際には痛みが伴います。

東京形成美容外科では切開部に表面麻酔を塗り、さらに麻酔効果のある目薬を2種類さした上にリラックス麻酔と局所麻酔を行うので、他のクリニックと比較して手術中に痛みを感じにくくなっているのです。初めて手術をうける場合でも安心できます。

東京ヒルズクリニック

東京ヒルズクリニックは業界でも目頭切開の手術にかかる料金が屈指の低価格となっていますし、利用者の口コミ評判も良いので、コストパフォーマンスを重視する人に特におすすめのクリニックです。

完全予約制のクリニックなので院内で他の人と顔を合わせるリスクがありませんし、空間もラグジュアリーなのでリラックスして手術に臨めます。

予約は電話やWEBから行えるのはもちろん、lineでも手続きが可能なので、空き時間などに手軽に予約ができます。

目頭切開とは

二重にしたい場合や目のバランスを整えるための手術には様々な種類がありますが、目頭を切開することで理想の目を手に入れる手術が目頭切開です。

蒙古ヒダと呼ばれるヒダを切り取ることで目を大きく見せたり、離れすぎている目のバランスを整えるのに効果的と考えられています。

目頭切開はこんな人におすすめ

  • 目と目の間が離れすぎている人
  • 目つきが悪く見える人
  • 蒙古ヒダが強く張っているため、目のラインが平行になっていない人
  • 目の横幅を大きくしたい人

目頭切開によって目のラインや目と目の間の距離を適切にできます。

目頭切開、埋没法の違いとは

目頭切開のメリット

  • 横幅の二重まぶたを手に入れることができる
  • 目と目の距離を縮めることができる

埋没法のメリット

  • メスを使わないため負担が少ない
  • 手術の料金が安い
  • 元の目に戻しやすい

目頭切開と埋没法の最も大きな違いはメスで切開をするか糸を使用して縫いとめるか、という点にあります。

目頭切開の切開方法の種類について

Z型形成

Z型形成はその名称からもわかるように目頭をZの形に切開する方法です。Z型形成の最も大きなメリットは他の目尻切開手術と比較して傷が小さく、また手術後の傷が目立ちにくい点にあります。

その一方でデザインが難しく経験豊富な医師でないと上手にデザインができない、他の方法と比較して変化が少ないなどの特徴もあるため、Z型形成手術をうける場合は腕の良い医師を見つけることが重要ですし、今よりも大きく印象を変えたくないと考える人におすすめです。

W型形成

W型形成は目頭をWの形に切開する方法です。目尻切開は蒙古ヒダを切開することで目の形やバランスを整える手術なのですが、蒙古ヒダを切開する手法の中でもW型形成は最も効果が高い特徴があります。

蒙古ヒダを完全に切開した上で糸を縫う際に皮膚が上下に引っ張られるため目全体を大きくすることができます。

失敗のリスクも小さいですし、見た目の印象も大きく変わるため、外国人のようなパッチリした目を手に入れたい場合におすすめの手術方法です。

リドレープ法

リドレープ法は他の目尻切開手術と比較して蒙古ヒダの切開部分が控えめとなっており、余分な蒙古ヒダを目の下で切除するイメージとなりますZ型形成よりも手術痕が目立ちにくく、手術後に目の形が後戻りしてしまう危険性が低いメリットがあります。

また手術後の目の形は基本的に末広型となるので、優しい印象の二重まぶたがほしいという人におすすめの方法です。

その一方で平行型にはなりにくいので、平行型にしたい場合にはW型形成やZ型形成を選びましょう。

三日月法

三日月法は目頭の内側を三日月型に切除した上で縫い合わせる手法で、蒙古ヒダの張りがあまり強くない人に効果的な手術方法です。

手術時の負担が少ない、デザインしやすい等のメリットがある一方で、手術後に目の形が元に戻りやすい、手術痕が目立ちやすいなどのデメリットあるので注意が必要です。

自力で目頭切開が危険な理由

目尻切開を行う場合、高額な費用がかかるため、自分でチャレンジしてみようと考える人もいるでしょうが、非常に危険なため、絶対に自力で行わないようにしましょう。

目頭切開を行うと目を元通りにするのが困難なために素人が自力で行うのは非常にリスキーです。またデザインも素人が簡単に行えるものではありませんし、粘膜に触れる可能性も高いため衛生上の問題もあります。

目頭切開は傷跡が残る危険性も高いですし、現在よりも目の形や印象が悪くなるだけでなく失明などのリスクも伴うため、目頭切開は絶対に専門のクリニックで行うことを推奨します。

目頭切開の手術の流れ

目頭切開の手術は基本的にどのクリニックでもWEBや電話などで予約をし、無料カウンセリングを受けた後で当日手術を受ける流れとなります。

無料カウンセリングの際には手術の概要やデメリットの説明、デザインや質疑応答などもあるので妥協せず、納得できるまで話し合うことが重要です。

手術は概ね30分から1時間程度で完了し、手術後は特に体調に問題なければそのまま帰宅となります。痛み止めの薬などが処方されるので投薬を守り、抜糸までは基本的には安静に過ごすこととなります。

手術からおよそ1週間後には抜糸となり、その後特に問題がなければ通院の必要もありません。

ダウンタイムについて

目頭切開はおよそ30分程度で済むためダウンタイムも少ないですが、人によっては内出血を起こしたり、腫れることがあるので処方された薬を正しく使用すること、目の保護を行うことが重要になります。

腫れは手術後2日~3日が最もひどくなり、その後は徐々に落ち着いていくケースが一般的です。

また内出血は血圧や体温が上昇すると生じやすいので手術後しばらくは激しい運動は控えるようにしましょう。

腫れも内出血も個人差はありますが、手術後2週間程度で治まっていきます。クリニックでも腫れや内出血を想定して目薬などを処方してくれるので、症状が出たら正しく薬を使いましょう。

手術後に期待できる効果とは

目頭切開によって期待できる効果ですが、厚ぼったかった目の印象をすっきりさせたり、目と目の間が離れすぎていて不均衡だった印象を改善する効果が期待できます。

目頭切開は埋没法などと比較して目を横長にできますし、外国人のようなパッチリした目元を手に入れやすい利点があります。

目頭切開の医師の探す方法

目頭切開は人気の施術で、ほんの少し目頭を切開するだけで、ぱっちりと大きく大人っぽい目になれてしまいます。
たかが数ミリのずれが顔全体の印象を大きく変えてしまうことにもなります。

技術の確かな信頼できる医師がいるクリニックを探すのが大切です。
症例数や実績が豊富で、複数の施術法を手がけていて、その人の顔立ちに合わせて提案してくれる医師がベストです。

そのためにも、気になるいくつかのクリニックでカウンセリングを受けてみて、手応えがあって納得できる医師を見つけましょう。

ネットの口コミは参考程度にしておいて、実際にカウンセリングを受けた時の印象で判断するのがおすすめです。

目頭切開で粘膜はどうなるか

目頭切開は目頭を覆っている蒙古ひだを切除する手術ですが、施術方法はいくつかあります。

それぞれの方法によってダウンタイムや、術後の状態も違ってきます。
多少の腫れは数日ほどで収まってくれますが、粘膜がむくんだりなど影響が出る場合もあります。

消える傷跡と消えない傷跡がありますし、粘膜に異常が出たら医師が適切な処置をしてくれます。

目頭にメスを入れる以上、多少なりとも粘膜へも影響が出てしまうリスクはありますね。

目頭切開後の傷跡について

目頭切開はメスを使った方法ですから、数ミリ程度ですが術後には腫れや内出血などが見られる場合があります。

たいていは1週間くらいで目立たなくなり、半年もすればきれいに傷跡は消えtえしまいます。

切開法によっては傷跡が残りやすい場合もありますし、医師の力量不足で傷跡が残ってしまうこともあります。

赤く盛り上がった傷跡

術後は赤みが出たり腫れたりするものですが、一定機関が過ぎれば落ち着いてきます。

この赤みのある傷跡は、肥厚性瘢痕というものです。
人によってはかゆみや痛み腫れを伴ったりしてしまいます。

肥厚性瘢痕は切除した部分を早く治そうと、体が働いているために起きるもので、切開した部分が赤く盛り上がったような状態になります。

内服薬のリザペンを服用することで、コラーゲン生成を高めて傷の治りをサポートしてくれます。

白く目立ちにくい傷

赤い傷を通り越して時間が経つと、白く盛り上がった傷になります。
この白い傷は成熟性瘢痕というもので、術後の傷の治りかけのような状態です。

皮膚の色とほとんど同じで盛り上がりも赤い傷と比べると少ないですから、かなり目立ちにくいです。

ただし、赤みが完全に消えていて腫れなども収まっているのに、白い傷が残ってしまった場合には完全に消すことは難しいです。

メイクなどで隠れてしまいますから人によっては気にならないかもしれません。

もし気になるようなら、治療を受けた医師にまずは相談してみて、傷を消す方法はないか聞いてみるのが一番ですね。

目頭切開が気づかれるポイントとは

目頭の粘膜が目立ちすぎる

目頭を覆っている蒙古ひだを取り除く方法ですから、蒙古ひだを取りすぎてしまうと目頭の粘膜が目立ってしまって、周りにバレやすいです。

芸能人が目頭切開をしたと気づかれるのもこのパターンが一番多く、ピンク色の粘膜の涙丘が露出しすぎてしまうからですね。

目が寄りすぎる

目頭を大きく切開しすぎると、目が寄りすぎて不自然に見えてしまいます。

元々目と目の間が狭い人が目頭切開を受けても、同じように目が寄りすぎて見えてしまいますね。

目のバランスが以前と違いすぎる

切開が1、2ミリ大きくなるだけでも、目頭と目尻のバランスが悪くなって見た目の変化が大きくなってしまいます。

目の印象が大きく変化しますから、整形したとバレやすいですね。

目頭の切り込みが大きく尖っている

目頭切開の角度や大きさなどによっては、目頭に切り込みが大きく入って尖って見えてしまいます。

メイクしているとそれほど目立ちませんが、すっぴん状態だと尖っているのが目立ちますから、目頭切開したと気づかれやすいですね。

目頭切開に気づかれないためには

メガネでカバーする

術後1週間程度は腫れや赤みも出ていますし、アイメイクは禁止です。
手術したとバレないようにするためにも、目元を隠せるメガネは格好のアイテムです。

レンズが目をカーバしてくれて人の視線がメガネにいきますから、目そのものから外すことができます。

元々視力が悪い人はコンタクトレンズは使えませんから、度ありの自分に合ったメガネをかけましょう。

視力のいい人でも、度なしの伊達メガネで乗り切るのがおすすめです。

目頭切開メイクでごまかす

目頭切開法で整形していない人でも、したように見せられるメイクが目頭切開メイクです。

アイラインやアイシャドウで目頭にラインを入れるだけのメイクで、ぱっちり大きな目に見せることができます。

これを上手く活用して、目頭に切り込みっぽいアイラインを入れてしまいましょう。
こういうメイクなんだと押し通すことができますから、目頭切開を受けたのを上手にカバーしてくれます。

デカ目効果ももちろんありますから、ぱっちりした目元になれてしまいます。

目頭切開手術後のケアについて

術後に自分でもケアに力を入れるだけでも、腫れがひどくなるのを防いで回復が早くなります。

目元が温まると痛みや内出血、腫れがひどくなりやすいですから、できるだけ冷やすようにしましょう。

タオルに包んだ氷や保冷剤などで、目元が落ち着くまで冷やしてあげるのがおすすめです。

腫れを少しでも抑えるためには、寝転がったりしないのが大切です。
頭が低い位置になると水分などがたまりやすくなり、むくみで傷が腫れやすくなります。

寝るまでは立った状態か椅子に座った状態にして、寝る時にも高めの枕を使って顔や頭を高めの位置にキープするようにしましょう。

目頭切開した当日の湯船への入浴は禁止です。
体が温まると腫れや赤みが悪化しやすいですから、当日はぬるめのシャワーのみですませるようにしましょう。

また、運動やアルコールは血流がよくなりすぎて腫れが悪化しやすいですから、術後1週間程度は控えるのがおすすめです。

目頭切開を受ける場合、女性と男性の違いとは

最近は男性でも就職や転職などで印象をよくしたくて、目頭切開を受ける人も増えています。

そこで、女性とは違った男性が注意したいポイントについて紹介しましょう。

術後の腫れや赤みで周りにバレやすい

体に負担の少ない目頭切開ですが、メスを入れる施術です。
まぶたなどに赤みが出たり腫れてしまう場合がありますね。

女性ならメイクでカバーすることもできますが、メイクをしない男性は、術後の腫れや赤みで粟リに気づかれて、バレてしまうことがあります。

どのように印象が変わるかイメージしにくい

女性はアイプチや二重メイク、目頭切開メイクなどで、普段から憧れている二重やぱっちり目にメイクで寄せることができます。

実際に目頭切開を受けるとどんな仕上がりや印象になるのか、予測しやすいです。

メイクしない男性は、いざ目頭切開をした後に、どんな風に印象が変わるのか、予測しにくいです。

仕上がりに満足できなかったなんてことにならないように、施術前にシミュレーション等で仕上がりについて医師と綿密に相談しましょう。

男性が腫れや内出血を隠す方法について

フレームが太めのメガネをかける

男性は女性と違ってメイクしませんから、術後の腫れや内出血をカバーする方法が限られています。

メガネは女性だけでなく男性でも使えるアイテムです。
なるべくフレームが太めのもので、目をぼかして人の視線を目から外せるようなタイプがおすすめです。

コンシーラーでカバーする

男性でもコンシーラー程度なら塗っても肌に違和感がありませんから、プチプラなものでもいいので用意しておきましょう。
術後2日ほど経ってからなら、コンシーラーの使用は可能です。

目頭切開の費用の相場

目頭切開はクリニックによっても値段のばらつきがありますし、どの切開法でやるかによっても費用が違ってきます。

安いクリニックなら両目で10万円というところもありますし、高いところだと50万円もかかるところもあります。

大体の相場として、25万円前後見ておけが大丈夫です。
また、料金が安くても麻酔代などが別になっていて、追加料金がかかる場合もあります。

麻酔や抗生物質などの薬代、診察費などが別になっているケースもありますね。
これらの追加料金をプラスして、トータルでどのくらいかかるのかで料金比較をしないといけませんね。

多少費用が高めでも、術後のアフターケアが充実しているクリニックもあります。

術後の24時間電話を受け付けていて、腫れや赤みなどについていつでも相談することができますから、不安を取り除けます。

このようなアフターケアやサービスも加味して、費用を考えましょう。

まとめ

目頭切開はメスを使った手術ですから、リスクがあることも知っておきましょう。

技術力があって信頼できる医師がいるクリニックを選んで、術後のことまでしっかり考えておかないといけません。

きれいになるためでも多少なりとも肌などに負担がかかりますから、赤みや腫れは1週間くらいは続くと思っておいた方がいいですね。

腫れが引いた頃にはぱっちりした魅力的な目元になっていて、自分に自信が持てるようになりますね。

サイトマップ