目頭切開ができるクリニック

ガーデンクリニックの目頭切開手術の特徴とは?

もっと目元を華やかにしたい、少しでも大きく見せたいなど、目に関する悩みというのは尽きないものかと思います。そのようなとき、目頭切開手術を検討することもあるでしょう。

しかし目という重要な部位を手術するのであれば、安心できる場所でお願いしたいと考えるものですね。

今回は目頭切開手術を行っているクリニックの一つであるガーデンクリニックをご紹介します。

目頭切開手術ができるガーデンクリニックとは?

ガーデンクリニックは7つの医院をもつクリニックで、新宿や池袋といった東京だけでなく、大阪や名古屋など多くの地域で手術やカウンセリングを行っています。

ガーデンクリニックでは患者の立場に立って考えることを第一としており、患者一人一人と向き合うことを大切にしています。目元以外にも脂肪吸引やダイエット、豊胸などそれぞれにあった医療を提供することで評判です。

そんなガーデンクリニックで行われている目頭切開手術とは、目頭にある蒙古ひだを取り除くという手術です。

東洋人にのみ存在している蒙古ひだを取り除くことで、目を横に広く見せることができるようになり、切れ長の大人っぽい印象を与えることができるようになるのです。

ガーデンクリニックの目頭切開手術がおすすめの人

  • 蒙古ひだを取り除いて目を大きく見せたり、目の長さのバランスを整えたい人
  • 蒙古ひだを広く取り除いて末広型の二重まぶたから並行二重まぶたを作りたい人
  • 目頭切開をしすぎたり、他の医院で失敗してしまったものを修正して欲しい人

ガーデンクリニックの目頭切開手術でよくある質問

Q.目頭切開手術はどのようにして行いますか?
A.目頭や蒙古ひだの形によって手術方法が異なります。
多くのクリニックで行われている三日月型、皮膚弁を折り返して縫合することで傷が目立ちづらくなるW型(内田法)、取り除く皮膚の量が少ないZ型という3つの種類があります。
Q.手術の種類の違いによるメリットやデメリットはありますか?
A.三日月型はシンプルな手術なので手術時間や腫れが少ない一方で後戻りしやすいというメリットとデメリットがあります。

W型(内田法)は傷が目立ちづらいですが複雑な手術をとなるため手術時間がかかったり、腫れやすいです。

Z型は傷が比較的小さかったりダウンタイムが短かったりしますが、本来の目頭の形を利用するので大きな変化が見られないといった点がデメリットとなる場合もあるでしょう。

Q.傷跡は残りますか?
A.手術内容によっても異なりますが、軽微な蒙古ひだであった場合はどの方法でも傷跡はほぼわかりません。

比較的多めに切除しなくてはならなくなった際にもメイクで隠すことができる程度ですし、半年もすればすっぴんでも分かりづらくなります。

Q.手術時間はどれくらいですか?
A.種類によっても異なりますが、手術自体の時間は15分から20分、長くとも30分から40分程度あれば終了します。
痛みも殆ど無いので、当日から日常復帰することが可能です。