目頭切開ができるクリニック

東京ヒルズクリニックの目頭切開手術の特徴とは?

目頭切開手術は、日本人特有の蒙古襞を切除し、大きくすっきりした目にすることを目的に行います。
目が小さい人や平行型二重にしたい人、両目の間隔が離れている人におすすめの施術です。

近年は埋没法や全切開法などの二重形成術と同時に目頭切開手術をする人が増えてきたことから、比較的ポピュラーな施術となってきました。

目頭切開手術ができる東京ヒルズクリニックとは?

東京都新宿区と愛知県岡崎市にクリニックを構える、東京ヒルズクリニックは、目頭切開手術を得意としています。

SNSでの情報発信を積極的に行っていますので、目にしたことがある人も多いかと思います。
岡崎院の院長先生は芸能人の執刀医を多く務めたことでも有名です。

最近では先生の手腕を聞きつけ、中国から施術希望の方が多く来るそうです。
目頭切開手術と同時に二重形成をしたい方のために、埋没法、切開法、ミリカット法の三種類の施術が用意されています。

また、東京ヒルズクリニックはLINEでの予約や無料相談を受け付けています。
24時間対応なのも嬉しいですね。

東京ヒルズクリニックの目頭切開手術がおすすめの人

  • 平行型の二重になりたい方
  • 蒙古襞が発達していてまぶたが重い印象の方
  • 経験豊富な先生の施術を希望する方
  • 手術後の傷を最小限に抑えたい方
  • 同時に二重形成を行いたい方
  • LINEやメールで事前に相談をしたい方

東京ヒルズクリニックの目頭切開手術でよくある質問

Q.目頭切開手術が必要なのはどんな人?
A.埋没法や切開法だけでは平行型の二重を作ることが難しい人や目と目の間が離れていることが気になる人、ハーフ系の顔立ちが理想の人におすすめです。
Q.通院は何回必要?
A.事前のカウンセリングを除くと二回です。手術の日と、手術後5~7日後の抜糸の日に通院が必要です。
Q.腫れや痛みはあるの?
A.組織の切開を行いますので、3~1週間は腫れや痛みが生じるほか、抜糸時も痛みが生じます。また、体質によっては内出血が1週間ほど見られる可能性があります。ダウンタイムは余裕を持って取りましょう。
Q.切開した傷跡は目立つ?
A.抜糸後1ヶ月程度は赤みが残りますが、徐々に目立たなくなります。ほとんどの人がコンシーラー等で隠せる程度です。
Q.カウンセリングの費用はいくらかかる?
A.専門のカウンセラーによる問診と相談はもちろん、医師の診察も無料です。
Q.アフターケアは可能?
A.施術後もLINE、メールで24時間相談可能です。
Q.施術費用を抑える方法は?
A.不定期でキャンペーンを開催しています。ホームページやSNSはこまめにチェックしましょう。また、モニターを随時募集しているため、条件に合えば施術費用を30~50%程度抑えることも可能です。